結婚指輪を安く購入するために|結婚式に必要なアイテムの基礎知識

新郎新婦

レンタルした場合の利点

花嫁

マタニティドレスは、購入ではなくレンタルという形で利用することができます。レンタル料はお店によって異なりますが、1日5,000円前後でレンタルできるところがほとんどです。ただ、郵送してもらう場合は別途に送料がかかることがあります。また、クリーニングして返却するというルールを設けているところがほとんどなので、レンタル料とクリーニング代を含めた額を考えておくとよいでしょう。マタニティドレスは購入よりもレンタルのほうが高く付くと思われがちですが、実際のところそうでもありません。比較的安めのドレスであれば、送料やクリーニング代を含めてもレンタルのほうが安く付くケースがほとんどです。もちろんそれは一概には言えません。購入用のドレスの中にも、5,000円前後で販売されているものがあるからです。ただ購入した場合、ドレスを自宅で管理する必要が出てきます。購入よりもレンタルのほうが何かと都合が良い、というのであれば専門店を通してレンタルという形で取り寄せると良いでしょう。

マタニティドレスを購入、もしくはレンタルする場合は、お腹まわりの調整が効くドレスを選ぶようにしましょう。妊婦のお腹は、毎日少しずつ大きくなっていきます。そのため、取り寄せ予約を入れた日と着用予定日とで、お腹の大きさが大きく変わる可能性があるのです。お腹周りの調整が効くドレスであれば、そのようなことがあっても問題なく着られるので安心です。マタニティドレスは形状やサイズ、そしてお腹にあたる部分の作りなど、商品によっていろいろな部分に違いがあります。それらをしっかり意識した商品選びを行ないましょう。